誰かに自分の気持ちを話す

人に話すことで頭の中を整理できる

「話を聞いてもらったら、なんだかスッキリした」という経験は誰でもあるのではないでしょうか。実は他人に自分の気持ちを話すことそれ自体がストレス解消の手段になるのです。もちろん、誰かに相談することで良いアドバイスをもらえることもありますが、理由はそれだけではありません。人間はストレスを抱えて気持ちがモヤモヤしていても、その理由に自分で気付いていないことが多いのです。話を聞いてもらうためには、自分の中のモヤモヤを言語化し外に吐き出す必要があります。この過程で自分が引っかかっている部分、モヤモヤの原因に気付くことができ気分が楽になるのです。時には話しているうちに自然と解決策が見えてくることもあります。

人との交流がストレス解消のきっかけに

相手に解決策を求めるばかりが会話ではありません。相手に自分の気持ちを打ち合け、話を聞いてもらうと、自然と「受け入れてもらえた」という気持ちになります。それによって安心感や安らぎを感じることができれば、ストレスも緩和されるのです。話を聞いてくれと頼まれると「何かいいアドバイスをしなければ」「解決策を見つけてあげなければ」とスイッチが入る人がいますが、ストレスを抱えている側が答えを求めていないケースの方が多いのです。喧嘩にならないように、聞いてもらう側が「アドバイスはいらないから、とにかく話を聞いてほしい」という意思表示をするようにすると良いでしょう。一人で悶々と考え込んでしまうときは、周囲に助けを求めることが大切です。