睡眠をたっぷり取る

なぜ睡眠がストレス解消になるのか

何よりも寝ることがストレス解消になると言う人がいますが、それは正しいと言えるでしょう。なぜなら、人間は寝不足では自律神経が乱れてしまい余計にイライラするからです。情緒不安定になりますし、集中力が切れて仕事も思うようにできません。尚更ストレスが溜まって悪循環になります。しっかり寝て朝気持ち良く目覚めれば、心身共に健やかな状態で1日をスタートできます。前日の疲労も取れていますし、心機一転頑張ることができるのです。心身の疲れはストレスの元です。それを回復させるためには、睡眠が何より重要と言えるでしょう。良い眠りは肌の調子も良くなりますよ。美しく健康な自分で活き活きと生活するために、睡眠は欠かせません。

快眠につくための方法

睡眠が大切だとは分かっていても、なかなか眠れないこともあるものです。特にストレスが溜まっているとそのことを考えてしまい、頭が冴えてしまいます。そんなときは快適な眠りにつくための方法を試してみると良いでしょう。基本は、寝る3時間前には夕食を済ませておくことがベストです。けれども寝る前に、ホットミルクや生姜湯などを飲むと気持ちが落ち着いて眠りやすくなります。そして寝る前にはテレビやスマホを見るのは控えることが大切です。特にスマホのブルーライトと呼ばれる光は脳に刺激を与えてしまいます。寝る前はのんびりと体をほぐすストレッチをするなどして、リフレッシュしましょう。そして部屋の電気は薄暗くして、寝やすい温度に部屋を保つこともポイントです。