オンオフの切り替えをはっきりさせる

プライベートの時間に仕事のことを考えない

職場の人間関係、会社での立場による重責などでストレスが溜めてしまう人も少なくありません。仕事関係でストレスを溜める人は責任感や細かいことにも気を配る真面目なタイプが多いと言われています。ストレスはプライベートの時間を使って解消することが基本ですが、性格が真面目な人はオンとオフの切り替えを上手にできません。責任感の強さが仇となってプライベートの時間でも仕事のことを考えてしまい、発散されることなくどんどん溜まっていくのです。人間は疲労が溜まっているとネガティブ思考に陥りやすく、良いアイデアは生まれません。プライベートの時間は心と体をリフレッシュさせることだけに集中させることがストレス解消の第一歩となります。

仕事上の付き合いを最小限に抑える

若い世代に多いと言われる、職場の人間関係が原因のストレスをプライベートで解消するには、極力付き合いを減らすことが重要になります。仕事終わりに同僚や上司に誘われるなど、会社関係の付き合いは社会人にとって避けては通れないイベントの一つです。集まりへの参加は人間関係を円滑にする上で有効な手段ですが、好きでもない人と過ごす時間はストレスでしかありません。追い打ちを掛けるように酔った上司や先輩に説教をされれば肉体的、精神的な負担はさらに強くなります。飲み会を断って自分の時間を作ることも、オンとオフの切り替えをするための大事な選択です。断り過ぎると職場で仲間外れにされてしまうので、3回に1回の頻度で参加するなど上手にやり過ごすことがポイントになります。